昨日、久々にシュン吉とLINEしていて気が付いたこと。



夏緒「前一緒に行った〇〇の詳細出てたからシェアするね、良かったら一緒にいこ!」

シュン吉「あら素敵。いいね!」
⇒「一緒に行こう」と言ってるのに明確な返事になってない。

シュン「夏緒ちゃんは最近変わったことあった?」


夏緒「うーん、彼氏がいたけど別れちゃったかな。シュン吉は?」

シュン吉「変わらずだよー^^」
⇒自分から提供するものが何もないのになぜ人の話だけ引っ張り出す??


シュン吉「また近々飲みにいこー♪」
⇒近々?うん、で、それはいつ?社交辞令はいらない。



つまりは、「結論」とか「確信」に迫れないのらりくらりとした不毛なやりとりをする人との関わりは時間と労力の無駄だなと思いましたね。


もっと言うと相手も私に対しての優先順位が低いわけだし、

このゆるんだ関係はお互いに無意味★

LINEのトークルームを一瞬で非表示!



まあこんなやりとりがあり、「こういうやつとはマジで関わらんとこ」と思う人マトメ。




★ほとんど付き合いがなかったのに正月にいきなりあけおめメールしてくるやつ。
⇒「今年もよろしく」と素直に言い合えるほど積み重ねた歴史のない人ほど送ってくるというパターン。
LINEの友達全員に量産的に送っているのが丸わかりで、むしろ興ざめする。


★「今返事できない」など結論を先延ばしにするやつ。
⇒人生を左右する重大な結論でもないただの気軽なお誘いなのに結論を先延ばしにする人。
「この日にならないとハッキリ返事できないけど大丈夫だったらいく!」とか明確な時期と意志があるならこっちも前向きに待てるというもの。

行きたくないとかスケジュール的にNGとかなら、それ普通に伝えてもらって構わないんですけど!
そしたらもうここでこの件はお互いに手放せちゃうのに!


この結論先延ばしタイプは常に自分の気分優先で「もっと他に行きたい予定入るかもしれないし、当日ダルくなるかも」みたいな不確定な余白のために周りをひっかき回すので、ピンときた時点でもう関わらない。




人間関係における、関わらない=やめるを実行するだけで

自分の時間や人生計画に大きくゆとりがもてる。

そのゆとりの中に、これから出会う生産的な出会いや出来事が入ってくるので、私はこちらを優先したいかな!



今日は急きょワイン君と都内某所の気になるお店へ行くことに。


話題が出た2日後には即実行。


「やっぱり夏緒ちゃんってテンポいいよね♪」と褒め言葉を貰ったさ!!





1週間の中で1~2日はヨガやジムなど自分の時間にする日を設けているので調整するのはさほど難しくない。

いつでもできる予定よりも旬を優先したい。


挨拶や社交辞令で終わる人間関係よりも、温度を感じる人間関係を大事にしたい。
スポンサードリンク